坂道のアポロン 漫画無料で全巻読めるサイトをご紹介していきます。

音楽と恋と友情の青春漫画「坂道のアポロン」

2012年にはアニメ化もされているので知っている人も多いのではないでしょうか。

現在、実写映画が公開中の注目すべき漫画です。

坂道のアポロン 漫画無料で全巻全話読めるサイトについて

坂道のアポロンを全巻無料で読む方法をお伝えしていきます。電子書籍を配信しているU-NEXTと言うサイトなら無料でダウンロードせずに確実に最後まで読む事ができます。

「無料で電子書籍をネットで読める!」と聞くと「どうせ、試し読みで途中までしか読めないんだろ!?」と思うかもしれませんが、そんな事はありません。

 

リアルに、坂道のアポロンの読みたい巻を確実にと最後まで読めます。

その理由をご紹介しておきます。

 

U-NEXTと言う、電子書籍&動画配信サービスでは、1ヶ月、完全に無料で利用する事できます。

※登録から31日以内に解約すれば、完全に無料で利用できます。

 

そして、無料登録にも関わらず、U-NEXT内で利用できるポイントがもらえます。このポイントを活用する事で、坂道のアポロンの好きな巻が読めます。

最新刊も、店頭で販売される時と同じタイミングでU-NEXTでも配信されますので、最新刊も無料で読めます。

⇒ 31日無料キャンペーンで漫画を読む

 

※このU-NEXTの無料キャンペーンはいつ終了するか、わからないので、早めに登録しておきましょう。

 

「坂道のアポロン」のあらすじ&ネタバレ

舞台は1966年、長崎。

主要人物は3人。

西見 薫

母親は幼少時に行方不明。父親は船の仕事で家を空けがちなので九州の伯父の家でお世話になっています。

転校が多かったことから友達がおらず、孤独を抱えています。

千太郎と友人になり、律子に恋をしたことで徐々に孤独が薄れていきます。

律子に誘われてジャズのピアノ担当をすることに。

川渕 千太郎

札付きの不良と恐れられてる。

その為千太郎も友人がおらず、家も複雑で孤独を抱えていました。

喧嘩ばかりして荒れていましたが、似たような環境の薫と出逢ったことでどんどん丸くなっていきます。

ジャズではドラム担当。

迎 律子

千太郎の幼馴染。千太郎の事が好き。

実家がレコード屋。地下にはジャズの練習の場がある。

律子はそばかすがあり、地味な顔なんですが性格が良くてかわいいんですよね。

薫のことを「薫さん」と言うのも萌ポイントだと思います。

複雑な三角関係で対立することもありますが、音楽が3人を繋いで仲直りさせてくれます。

なんだか音楽が聴きたくなる。そんな漫画です。

 

「坂道のアポロン」の注目は 薫と千太郎の友情

律子に告白したもののフラれてしまい、落ち込んでいた薫。

気持ちの整理と傷心旅行をかねて東京に住む母親に会いに行くことにします。

母親は小さいころに出て行ったと聞かされており、長年音信不通。

手紙を出しても返事が返ってきたことはありませんでした。

緊張しつつ電車に乗る薫でしたが隣の席にはなんと千太郎が!

千太郎側の心理描写はないですが、落ち込んでいる薫が心配だったのでしょう。

薫は静かに色々考えるために旅に出たのに考えるどころではないと怒りつつも、徐々に心が落ち着いていきます。

そして世田谷に到着。

母親の住所の書かれたメモを片手にたどり着いたのは水商売系のお店でした。

尻ごみする薫の代わりに千太郎が母親のことを聞いてくれました。

その日は薫の母親は休み。次の日に待ち合わせすることとなります。

翌日はあいにくの雨。

傘の無い雨の中、濡れながら千太郎も一緒に待っていてくれました。

「ひとりになったら不安になるくせに 俺も待つばい」というやさしい言葉が温かい気持ちにさせてくれます。

 

「坂道のアポロン」の感想 母親との再会がすごい

薫の母親は写真に映っていた姿で想像していたものと違い、明るい性格でした。

母親が薫を置いて一人で出で行った理由が泣けます。

薫の母親が育った家は貧乏で、学校にろくに通えなかったため読み書きができませんでした。

なので手紙の返事も書けなかったのです。

結婚したものの、字が書けない事がお姑さんにバレて家に居場所がなくなってしまいます。

父親は仕事で家を空ける事が多くなり、風当たりはどんどん強くなる一方。

相談をしても「耐えなきゃいけないよ」と言われるだけで頼りになりませんでした。

薫を連れて家を飛び出そうとしたものの、義理の父親に薫を奪われてしまいます。

義理の実家の門まで追いかけていったものの立派なお屋敷を前にして、貧乏な自分は薫に対して何もしてあげられないんじゃないかという思いから一人で家を出ます。

自分の幸せより、薫の幸せを優先した結果一人で出て行ったのです。

母親は薫のことを本当に大切に思っていたのです。

帰りぎわ、千太郎に「薫のことをよろしくお願いします」と頭を下げる母親。

千太郎は「友情は一生もんですけん あいつとなら 俺 いつまででも友達でおれる気がします」と笑顔で答えます。

この話とこのシーンめっちゃ好きです。

1話では孤独を感じていた薫が、母親から幸せを願われ、親友と呼べる友人ができた。

よかったねぇとホロリとなる事間違いなしです。

 

「坂道のアポロン」の評価は★5


実は私、アニメを1話見て切っちゃってたんですよね。

このたび実写映画化すると聞いて原作を読んでみたんです。

そしたら面白いじゃありませんか!!!

純愛と熱い友情。それを繋ぐ音楽。

大きな盛り上がりはありませんが、ゆるやかに個々のキャラが成長していくのが素敵です。

 

坂道のアポロン 無料で全巻全部を(最新刊も)読むならU-NEXT

⇒ 31日無料キャンペーンで漫画を読む